リニューアル設計立案

老朽化した建物の機能を再生。さらなる価値の向上へ。大切な経営資源である建物の、ロングライフ化を実現します。

   

企業やオーナーにとって大切な経営資源である建物の老朽化を防ぎ、ロングライフ化を図るために不可欠な、内部設備のリニューアル。この分野にも、斎久工業の技術力とノウハウは活かされています。徹底的な調査と診断により、資産価値を最大限に高める企画を設計・立案。建物に、新しい生命を吹き込みます。

リニューアル設計立案フロー

1.お問合わせ
現状の設備のどこに不満を感じているか、どこを改良したいか。
お客様のご希望をすべてお話しください。

矢印

2.調査・計画
技術スタッフが現場調査にお伺いします。
工事に必要な情報や関係の法律等を調べ、できる限りお客様のニーズに応える為、精密な調査を行います。

矢印

3.プランニング
お客様のニーズと斎久のノウハウを活かしたオリジナルプランをご提案します。

矢印

4.ご契約
企画プランとお見積にご納得いただけたら、工事をご発注して頂きます。

矢印

5.工事
経験を活かした安心施工。
専任の担当者が引渡しまで責任をもって担当いたします。

矢印

6.完成
お客様にも立会って頂き、契約通りに工事が完了しているか、ご確認頂き完成です。また、今後末永くお付合い頂く様、アフターフォローも万全です。
   

工事実例集

水槽

■施工前 ■施工後
水槽:施工前 水槽:施工後
  • 材質が老朽化している
  • 地震に耐えられない
  • 水漏れしている
  • 衛生面が確保されていない

衛生的で安心して飲める水を貯めることができ、耐震性の向上もはかれます。

トイレ

■施工前 ■施工後
トイレ:施工前 トイレ:施工後
  • 不衛生
  • 臭いがする
  • 水の流れが悪い
  • 使用勝手が悪い

使い易さが増すことで快適な空間が実現します。

機械室(給水ポンプ)

■施工前 ■施工後
機械室(給水ポンプ):施工前 機械室(給水ポンプ):施工後
  • 機械類が老朽化している
  • 管理がしにくい
  • 効率が悪い
  • 現行法規に合わない

機能と性能の向上により、省エネ、省スペースが図られ、管理しやすい機械室が実現します。

機械室(消火ポンプ)

■施工前 ■施工後
機械室(消火ポンプ):施工前 機械室(消火ポンプ):施工後
  • 機械類が老朽化している
  • 動力・仕様が必要以上に大きく、効率も悪い
  • 現行法規に合わない

機能と性能が向上し、管サイズが下がることで省スペースとなり、管理しやすい機械室が実現します。