リニューアルのめやす

築後○年で、ここに問題が・・

リニューアルは、事故が起こる前から計画を立てておくことが大切。 建物の各設備の経過年数をもとに資金計画を立て、早め早めの修繕や設備更新の準備をおすすめ致します。
各設備の修繕のめやすは以下の表の通りです。斎久工業では、経過年数に応じた設備リニューアル計画を作成し、適切な資金積み立てができるよう、ご提案致します。

各設備の修繕のめやす

各設備修繕のめやす 一覧表

経過年数は、材質、環境等により異なりますので、大まかなめやすです。

老朽化の事故例

人間と同じように、マンションも年月を経るにしたがって、 心臓(給水ポンプ)が弱ってきます。
血管(配管)も詰まり、病んだ状態(赤水、漏水など)になり、放っておくと建物自体の資産価値は急速に失われてしまいます。

ここが危ない!マンション老朽化