建築設備の総合エンジニアリング企業「斎久工業株式会社」

工事種目詳細

給水ガス引込管取替例

工事までの経緯と内容

給水引き込み管(埋設)の更新工事の掘削中に、老朽化が著しいガスの引き込み管を発見しました。将来、ガス引き込み管を更新する場合も、同じルートを掘削するため、再び掘削費用が発生すること、緊急時における修理が簡単にできないこと等を、管理組合に提案し、ガスの引き込み管の更新工事も同時に実施しました。

建物用途 マンション
築年数 29年
リニューアル前配管 配管用炭素鋼鋼管(ガス・給水)
リニューアル後配管 ガス用ポリエチレン管(ガス)・ステンレス鋼管(給水)

給水ガス引込管取替例

ポンプ更新(取替)

工事までの経緯と内容

お客様(管理組合)より、竣工時から使用しているポンプの更新依頼を受けました。現在使用しているポンプは圧力水槽方式であり、この方式は給水圧力が変動したり、水槽等のスペースが大きく必要でした。当社では、コンパクトなインバーター方式の加圧給水ポンプへの変更を提案し、ポンプの能力設定についても、現在の使用水量等を考慮し、電気容量の小さいポンプを選定し、設置しました。

建物用途 マンション
築年数 24年
リニューアル前
ポンプ
圧力水槽方式
リニューアル後
ポンプ
加圧給水方式

ポンプ更新(取替)

高置水槽清掃・更新(取替)

工事までの経緯と内容

お客様(管理組合)より「高置水槽の漏水を修理してもらいたい」との連絡を受けました。調査・検討の結果 、既設の高置水槽は、新耐震基準(昭和56年制定)以前に設置し、耐用年数の20 年も既に経過。架台自体にも強度面に問題があることが判明したので、耐震対応の高置水槽と交換しました。

建物用途 マンション
築年数 29年
リニューアル前水槽 FRP製高置水槽
(単板・中仕切り無し)・耐震不明
リニューアル後水槽 FRP製高置水槽
(複合板・中仕切付き)・
スロッシング対応型・ 耐震1.5G

高置水槽清掃・更新

給水管更新(取替)

工事までの経緯と内容

お客様(管理組合)より「このところ、以前に増して、 蛇口から(特に朝一番)赤水が出たり、シャワーの出が悪い」との連絡が入りました。 劣化調査・検討した結果、老朽化により配管が閉塞していることが判明したため、 給水管の更新を提案しました。材質については、ステンレス鋼管をお勧めしましたが「ステンレスは高いのでは」との意見がでました。しかし、硬質塩化ビニルライニング鋼管との材質の優劣や、工事費用の比較を説明させていただいた結果、安全性・耐久性を考慮した場合、 両者に金額面の差額がないことを理解していただきました。

建物用途 マンション
築年数 29年
リニューアル前配管 配管用炭素鋼鋼管
リニューアル後配管 一般配管用ステンレス
鋼鋼管

給水管更新(取替)

給水管更生 【例1】

工事までの経緯と内容

お客様(管理組合)より「最近、専有部の給水管から赤水が出るため、何かよい方法はないか」とのご相談を受けました。当初は更新工事の方向で検討しましたが、 配管の更新工事にともなう内装工事に費用がかさむことから、更生工事を提案させて頂き実施しました。

建物用途 マンション
築年数 20年
既存配管 配管用炭素鋼鋼管
更生方法 二回ライニング工法

給水管更生

排水設備 排水管更新(取替)

工事までの経緯と内容

お客様(管理組合)より「夜中に浴室内の天井から水滴の音がする」との連絡があり、調査したところ、上階のお宅の排水管に、老朽化が原因による漏水が発見されました。築年数や配管の耐用年数から判断し、他にも漏水の可能性があることから、他のお宅の調査も実施したところ、同様の漏水が発見されました。このことから、排水管の更新の提案をさせて頂き、工事を実施しました。

建物用途 マンション
築年数 28年
リニューアル前配管 配管用炭素鋼鋼管
リニューアル後配管 排水用硬質塩化
ビニルライニング鋼管

排水設備 排水管更新